海外ウエディングの中で一番人気のハワイウエディング ハワイ挙式専門プロデュース会社ならではの素敵な結婚式を
HAWAIAN BRIDAL SERVICES

お客様の声
 

BACK
お名前:MM様
挙式日時:2003年10月29日 11:00AM
教会名:セントラルユニオン教会 大聖堂
メールアドレス:mine_mine70@hotmail.com
ホームページアドレス:
 
体験談

準備期間が4〜5ヶ月とあって、私たちの結婚準備はバタバタでした。
5月の終わりに、ある日本のプロデュース会社へ行き、資料をもらいました。
私たちの第一希望はセントラルユニオン・アンドリュース大聖堂でしたが、プロデュース会社に薦められたのはある海辺の商用チャペルでした。
海辺だからあらためてフォトツアーも必要ないことや、軽いレセプションもできる、という強い押しと、時間のなさからくる焦りで、思わず決めてしまいました。
ですが、やはり本物の教会で式を挙げたいと思い、教会の変更を申し出ました。
すると、予約を希望している教会からの返事が3〜4日もかかるといわれ、時間のない私たちにはイライラが募り、また第一希望を言っているのに、まったく趣の違う商用チャペルを薦めてきたその会社に不信感がわいてきました。
おまけに、ヘアメイクの個人手配も禁止とのことで納得できませんでした。

6月末になってハワイアンブライダルさんのHPをみつけ、早速メールで問い合わせたところ、1時間でセントラルユニオンの空き状況のメールが届いたため、とても驚きました。
ひと月10組まで(※現在は5〜15組となっております)ということで、質の高いサービスを提供してくれることや、ハワイにある会社なので情報が早いこと、また質問の返答の早さ、メールでやりとりできるということから、すぐにP会社を変更し、教会も変更しました。
メールのみのやりとりで不安に思う人もいるかもしれませんが、私たちは地元にP会社がなく、車で1時間かけて毎週末P会社へ通わなければなりませんでしたので、メールのみですべてやりとりできるハワイアンブライダルさんは、私たちにはとても助かりました。

教会が決まり、7月に入ってやっと準備が始まりました。
時間がないことには変わりなく、毎週末準備に追われていました。
衣装・同行者・旅程・ホテル・現地スケジュール、ハネムーン等、なかなかすんなり決まらず、「旅のしおり」も出発前夜に完成しました。
出発当日の昼まで仕事だったため、荷物もギリギリまでかかり、出発前から体はボロボロでした。
でも、おかげで行きの飛行機では泥のように眠ることができました。

宿泊は、海から少し離れたホテルのスイートでした。
海から離れているので、スイートでも予算内でいけました。
ラナイからはちょっと遠いですが、海が見えパンチボウルが見えました。
また、驚いたことに、挙式をするセントラルユニオンも見えました。(挙式当日TOMOさんが教えてくださいました)
部屋もかなり広く、準備するには十分でした。
ヘアメイクは、MIHOさんにお願いし、教会までの付き添いコースにしました。

挙式前日にお会いして打合せをし、「早く寝ること」と念を押されました。それなのに・・・
挙式当日、大寝坊をしてしまいました。
ノックの音で目覚めました。
MIHOさんは8:15にこられるとのことでしたが、8:30をすぎていたと思います。(15分以上も外でお待たせしてしまったということです)
大急ぎで洗顔をすまし、バスローブに着替えました。
私は焦って我を忘れてしまいそうでしたが、MIHOさんの「あらまあ、どうしましょう」とおっしゃりながらも落ち着いてらっしゃる様子を見て、私も何とか落ち着くことができました。
テキパキとヘアとネイルをしていただいていると、TOMOさんが到着されました。
これまで幾度となく問い合わせに答えていただいていたので、初めてお会いしたという感じはあまりありませんでした。
ユーモアたっぷりの気さくな方で、緊張のためか、真っ白になっている私の思考を何度か目覚めさせてくれて、緊張もほぐしてくださいました。
MIHOさんは、私をとっても素敵にしてくださいました。
イメージとピッタリ(というかそれ以上)でした。
また、随所で適切なアドバイスをしてくださいました。

雨期ということもあり、天気がかなり心配だった(出発の前々日まで挙式日の予報は雨でした)のですが、当日はなんとか晴れてくれました。
教会は写真で何度も見ていましたが、本当に素敵で、また大きさに驚かせられました。
式は厳粛で感動しました。 が私の思考はすぐに真っ白になってしまっていたので、順序通り、間違えないようにすることで精一杯でした・・・。
ですが、セントラルユニオン大聖堂を選んで本当によかったと思いました。

挙式後、カハラマンダリンにてフォトツアーをし、プルメリアビーチカフェにてランチレセプションをしました。
カハラマンダリンは想像以上にすばらしいロケーションでした。
プルメリアビーチカフェではTOMOさんにお願いして手配してもらったケーキと、ブッフェを食べました。
ケーキもブッフェもとてもおいしくて、帰るのが惜しかったです。
同行者の人たちも、すっかりカハラマンダリンに魅了されていました。

オアフ島を発つ朝、フロントにTOMOさんに撮っていただいた写真が届いていました。
被写体が自分たちとは思えないほどすばらしい写真ばかりでビックリでした。(普段写真写り悪い方なので・・・)
ハネムーンから帰国後、早速アルバムに入れたのですが、すでに写真集のようでした。
1.5次会、・2次会のウェルカムボードにも使用したのですが、TOMOさんの写真でとても素敵になり、大好評でした。

海外挙式を選んだ理由は、挙式当日、家族といられる時間が多いと思ったからです。
日本の標準的な結婚式の場合、家族は披露宴等すみの方に座ることになり、新郎新婦は普段会わない親戚や職場の人の相手もしなければなりません。
海外であれば、堅苦しいようなこともなく、家族や来てくれたごく親しい人とのみずっと一緒にいられます。
また、ハワイアンブライダルさん・MIHOさんのおかげで、家族と一緒にいられること以外でも海外(ハワイ)挙式にしてよかった!と思えたことがたくさんありました。
本当に感謝しています。
私の希望通り笑顔の絶えない式となり、大満足です。
唯一の後悔は,TOMOさんとの3ショットを撮るのを忘れたことです。(MIHOさんとは一緒に撮っていただいたのですが)・・・悔やまれます。



BACK

COPYRIGHT BY HAWAIIAN BRIDAL SERVICE